信賞必罰を考える

9月も末になってしまいました。

なんだか日が短くなってきて

ちょいさみしい気持ちになるのは私だけでしょうか。

 

 

冬は苦手、夏のほうが好きです。

若いころの修業時代、設備工事というよりも

水道工事がメインでやってる会社でした。

 

 

冬は寒くて、手は冷たい、足も冷たい

今の時代とは違い、かなり厳しかったな~

 

 

さて、”信賞必罰”

この言葉は先代がよく使っていました。

会議の冒頭あいさつで何度も聞きました。

 

 

初めて聞いたときは、なんだ?

そんな四文字熟語しらんし!

 

 

罰するべき罪のある者は必ず罰し

称するべき功のある者は必ず賞する

ということです。

 

 

しかし罪か功績かを見極めることは

非常に難しいです。

慎重に見極める心眼が必要です。

 

 

しかし、先代が使っていたことを今思えば

なるほど、そんな気持ちだったのだろうな

と感じることができます。

 

 

やはり経営者は悩み苦しみ

打開していかなければならないわけで

突き進むために、社員への戒めの言葉だったのだろうと

気持ちがよくわかります。

 

 

経営者は孤独で、決断の連続

決断を下すには、膨大な知識、情報がないと

間違えた判断をしてしまいます。

 

 

今日も精進します。

自分に信賞必罰です!

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵

鶏口牛後、大手企業より中小企業のやりがいを

組織に取り込まれるのではなく、組織を作る人

そんな人と一緒に仕事をしたい!

連絡待ってます! ⇒ ポチ!

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵

水道工事とは、上水道工事、下水道工事
土木系です。
道路への敷設工事を施工中は、
通行の妨げとなってしまうことが多く
大変ご迷惑をおかけいたします。
ご理解の程宜しくお願いします。

大切なライフラインです。
ご協力宜しくお願いします。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵