建設業法改正

先日新聞で建設業法改正と

なんと25年ぶりだそうです。

どんだけ建設って、と考えてしまう。

 

 

主な改正内容は

<長時間労働の是正>

・中央建設業審査会が工期に関する基準を作成

・注文者が著しく短い工期による請負契約の禁止

・著しく短い工期を結んだ発注者へ勧告と好評

・建設業者が工種ごとの作業と準備に必要な日数を見積もり

 

<標準化>

・公共発注者に「施工時期の平準化」の努力義務(入契法改正案)

 

<処遇改善>

・下請け代金のうち労務費相当を現金払い

・社会保険未加入の企業の許可・更新を認めない

 

<生産性向上>

・技術検定試験を第1次検定と第2次検定に再編

・第1次検定の合格者に対する技士補の資格創設

・監理技術者の専任緩和(監理技術者補佐で2現場まで兼務)

・専門工事一括管理施工制度の創設

・建設資材製造業者に対する改善勧告

 

<接続可能な事業環境の確保>

・経営業務管理責任者の廃止

 

<その他改正事項>

・元請けの義務違反を通報した下請けに対する不利益な取り扱いの禁止

・現場における下請け業者の建設業許可証掲示義務の緩和

・技術者と技能者に知識・技術向上の努力義務

・建設業団体に対して、災害時に建設業者と自治体の連絡調整等を行う責務

 

となってます。

 

 

良くなったような、悪くなったような。

会社の規模、形態などで、捉え方は変わりますが

とにかく書類が更に増えない事を願います。

 

 

工事管理は現場より書類作成がメインになってますから

本末転倒ではないかと思いますが(笑)

発注者に物言うと青くなって負ける ⇒ 請負

これが建設業の宿命ですかね。

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵

五十嵐工業株式会社では

楽しく一緒に働く仲間を求めています。

こちらをクリックして下さい ⇒ クリック!

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵

給水設備、給湯設備、排水通気設備
空調設備、換気設備、床暖房設備
消火設備(屋内、屋外消火栓、スプリンクラー)
を主な工事として設計施工会社です。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵