褒めることですか

今日は中津川市倫理法人会

経営者モーニングセミナーに参加しました。

 

 

五十嵐工業株式会社は中津川、瑞浪土岐、多治見と

3単会に入会しています。

 

 

毎週1日ですが、早朝6時から1時間

その後食事会でおいしく朝食をとります。

 

 

今日は考えさせられました。

褒めると叱る、ここで私は引っかかってしまい

もやもやしたまま、考えさせられました。

 

 

褒めることで、やる気を出してもらうとか

褒められるとうれしいからやる気になるとか

 

 

まったく理解できず、そんな人は褒められることが

目的になってしまい、常にかかわって褒め続けないと

モチベーションは下がってしまうのではないでしょうか?

 

 

今だけを考えればそれでいいですが

将来を考えた時には、その人への自発的に行動する

 

 

褒めることというより、承認するほうが自然で

出来たことを承認することではないでしょうか。

 

 

私は口下手ですし、褒めることは一切しません。

承認はしっかりします。

 

 

褒められて育つとか、褒めて育てるとか

将来まったくダメ人間を育てることでしょう。

 

子育ては、子供の自立

一人でも生きていける人になってもらう

授かりものではなく、預かりものです。

社会へお返しするまでのかかわりを頂いているのです。

 

 

社員はもう大人のはずです

家庭の教育が崩壊しているから

企業は社員教育をしなければなりません。

 

 

しかし、褒めてどうするのでしょう。

しっかり一人前の人になってもらうことです。

しっかり自分で考え行動できる人です。

 

 

言われたことだけやる、指示待ち人間は

いつまでたっても自立できません。

褒めてなんて、ペットじゃないし

 

 

自走する人になってもらえるように

情報とかかわり方だけではないかと思います。

 

 

 

将来、昇進していけば責任を持つことになります。

部長、役員には当然です。

褒められて育った人は、このポジションには

絶対にいけない人になるでしょう。

 

 

 

松下幸之助さんは

会社の責任は社長一人の責任

部は部長一人の責任

課は課長一人の責任

ときっぱり言われています。

 

 

誰を頼ることもなく

何を言われても自分が源です。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵

鶏口牛後、大手企業より中小企業のやりがいを

組織に取り込まれるのではなく、組織を作る人

そんな人と一緒に仕事をしたい!

連絡待ってます! ⇒ ポチ!

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵

建築工事は大地に建物を作り上げる

そこに人が集う、その人たちが快適な環境でそこへ集いたい

衛生的なトイレ、快適な空間の空調、万が一を備えた防災設備

設備工事は表に出ないものが多いが、建物を息吹かせている

素晴らしい陰の立役者です。設備工事は最高な仕事です。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵